スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とれるが来た!

  • 2005/10/29(土) 02:34:42

ちんぷいぷいで紹介されて以来気になっていて注文していたとれるNo1がついに届きました。
注文から1ヶ月は覚悟していましたが思ったより早く届きました。おおすげえ!

して、とれるNo.1とはどんな代物かというと、東大阪在住のオッサンが発明したバイオ洗剤でして、普通の洗剤と違い、界面活性剤は一切使用せず洗剤に配合された微生物にせっせと汚れを食わせて綺麗にすると言う仕組みだとか…
しかしまあネーミングが大阪のオッサンらしついかなんつうか。
とりあえずベタなあたりがw

ちなみに主成分はこんな感じ(とれるのサイトからまるまる引用)
・ 有益微生物含有米糠及びふすま 3%
・ 菜種・大豆・ごまなどの植物性油脂 2%
・ 天然水 95%

※有益微生物の主な内容と
一般に活用されいてる用途
Bacillus subtilis(バシラス・サプティリス)
 枯草菌 毒性の無いグラム陽性・胞子形成菌 納豆菌の親戚
Bacillus coagulans(バシラス・コアギュ ランス)
 納豆菌の仲間 地球上における分布は広く、大地の掃除屋の異名があり
 地球の浄化に大きな役割を果たしている。
Aspergillus flavas oryzae(アスペルジルス・フラバス・オリザー)
 麹カビ類 清酒・味噌・醤油等の製造
Lactobacillus fermentum(ラクトバシラ ス・ファーメンタム)
 乳酸発酵菌 風呂場等の黒カビ駆除に有効
Saccharomyces cerevisiai(サッカロマイ セス・セレヴィシェ)
 パンの酵母イースト菌


あっはっは、聞いたことある名前が目白押しだよ←元微生物屋の端くれ
確かに口に入れても問題なさそうだわ。

まあ蘊蓄はこれくらいにして、早速拭いても拭いてもとれずに放置していた油まみれのキッチンの床に噴霧してみましたが、長すぎるので次回に続く。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。