スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西教寺

  • 2006/06/23(金) 00:21:02

もう一週間も前のことになりますが、6月14日は明智光秀公の命日でありまして、毎年この日は西教寺にて明智光秀公顕彰会の主催で追善法要と講演会が行われております。

明智一族の墓光秀公の墓


今年の内容はこんな感じ(顕彰会会報から抜粋)
13時    追善法要@西教寺本堂
13時40分 明智光秀公顕彰会総会@西教寺研修道場新館
14時30分 講演
       『明智光秀と近江の土豪』 
       夙川学院短期大学教授 高島 幸次氏
15時30分 筑前琵琶演奏
       『明智左馬介湖水渡り』
       演奏:大阪学院大教授 シルヴァン・ギニャール氏


因みに入場料は無料で14時半以降のプログラムは誰でも自由に聴講できます。(比叡坂本駅前にデカい看板立てて告知してる)
んで、今年も行ってきました…総会と講演会だけ。


場所は上記にもある比叡山の麓の西教寺。
最寄り駅は湖西線比叡山坂本駅。
大阪から電車でだいたい1時間ちょいの所です。
↓は本堂裏手。
(たぶん)本堂裏手

会場の入り口で、書籍をいくつか販売しておりまして、なんだか見覚えのある史料が見えたので珍しく衝動買いしました。
いやあ、この手の類は『見たら買え』っていうし。
『明智家一族宮城家相傳系図書』と言うヤツです。

総会はお偉方の挨拶やら決算報告やらですが、特記すべき事として最近話題になった『信長の棺』を執筆された加藤廣氏が来賓として出席されていました。

講演の方は、信長公の近江仕置き後の土豪と近江に配置された織田家臣団の関係についてでありました。
高島氏はどちらかというと信ヲタな方だったようで全体的な印象は光秀公についてと言うよりもどちらかというと織田信長マンセーな内容でしたが、信長仕置き後の地元の土豪に対する扱いの変化や、近江でその後の織田政権ロードマップの模索をしていたこと、信長による土豪の土地引きはがし政策が後の本能寺に影響していた可能性などなかなか興味深い内容でした。
でも、いくら名前の音読みがアリとしても斉藤利三を「さいとうりぞう」と呼ぶのは歴史の専門家として如何なもんでしょうかねえ?

去年は講演2連発だったのですが今年は講演のあとに筑前琵琶の演奏がありました。
筑前琵琶演奏写真が不明瞭なのは肖像権対策(笑)

ソレガシ、生琵琶を聞くのは初めてでしたがさすがシルクロードを渡ってきた楽器だけあり予想した以上にオリエンタルな響きでした。
筑前琵琶自体は明治以後にできたものらしいのですが、何となくインドのシタールを思わせる音色でした。
んで、耳なし芳一よろしく琵琶を掻き鳴らしながら歌うわけですが、ギニャール氏がスイス出身の南蛮人であるせいか、日本人特有の扁平な響きと違って妙にメロディアスに感じました。

講演会の途中で一昨年の顕彰会研修旅行で知り合ったT氏と再会しました。
この御仁、明智左馬介の子孫に当たる方だそうで、明智関連の史跡墓関連巡りがフィールドワークと化しているとのこと。
実は講演会の前日まで日光・千葉周辺を巡っていたとか。
話によると千葉には光秀公の庶子を弔った寺があるそうで、末裔に当たる方も存命しているとか(この辺うろ覚え)
因みに明智系の方々に伝わる話によると左馬介は一族を一人も死なせずに逃がしており、その大半が長曾我部家を頼って四国に渡った為四国には明智の末裔が結構たくさんおり、その殆どが左馬介の系列だとのことです。

この他にも明智縁の人がゴロゴロいるようでイベントに行くたびにあちらこちらで「○○出身の(明智)××の子孫です」という挨拶が飛び交い、実は顕彰会と言いつつも明智家同族会なんじゃないかと言う気がしてきます。
いや、何でそんなところに出入りしているのかと言われるとアレなのですが、リアル子孫とお知り合いになれるというなかなか貴重な体験ができるのでまあいいです。

講演会が一通り終わったあとは光秀公とその一族の墓にお参りしました。
途中、境内をうろついていたらこんなものが。
おさるさんおさるさん

帰りはT氏に大阪の駅まで車で送ってもらいました。
Tさん、本当にありがとうございました(-人-)
機会がありましたら又お会いしましょう。

最後に西教寺と明智光秀顕彰会について。
一見硬そうな団体ですが、数年前に坂本参りついでにふらっと西教寺に立ち寄った時折本堂で読経を唱えていた尼御前に「明智光秀公が好きなんですう」と曰ったら事務所に連れてかれ、勧められるままに入会を果たしました(おみやげいろいろくれました。超太っ腹)
こんな調子で気軽に入会勧めてくれちゃう程度にはフレンドリーなので(光秀公ファンが増えるなら歓迎しますというスタンスっぽい)、リアル光秀公に興味もたれましたら気軽に現地突撃or問い合わせされることをお勧めします。

連絡先等は下記にて。
〒520-0113
滋賀県大津市坂本5丁目13-1
総本山西教寺内
明智光秀公顕彰会
TEL 077-578-0013

アクセス
JR湖西線比叡山坂本駅下車バス又はタクシーで10~15分くらい。
歩いていくと30分くらいか?
因みにバスは1時間に1本か2本くらいしかないので体力に自信がなければタクシーで行くのが一番無難かと。
地図

西教寺サイト
http://www.saikyoji.org/

拝観料云々ありますが、敷地に入って光秀公のお墓にお参りする分にはタダです。たぶん。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夙川学院短期大学夙川学院短期大学(しゅくがわがくえんたんきだいがく)は、西宮市にある私立大学。1965年に開設。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

  • From: 短期大学・教育行政について |
  • 2007/08/09(木) 08:30:59

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。