スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のその時歴史が動いた

  • 2005/05/19(木) 02:58:29

すいませんあらかじめ断っておきますが、今日はすんげぇ長い上に相当マニアな内容です。


ここ見に来る多くの方はなんの事やらさっぱりかも知れません。


適当に斜め読みでもすればトリビアにすらならない無駄知識が得られる事請け合いです。




今週の「その時歴史が動いた」
についにあの人が!!!






北条早雲キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(   )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!





常日頃かんうかんうかんうか(以下略)などと曰っておりますが、実はベースは日本の戦国時代が好きでありまして、その中でも小田原北条氏が三度の飯と同じくらい好きです。


小田原北条家と言えば




関東一円をその配下においていた割には地味すぎて一般知名度まるでナシだったり




十中八九「鎌倉の北条と関係あるんですか?」と聞かれたり




一番有名な場面が「秀吉に城囲まれてあぼん」だったり




暗君の誉れ高い(用語間違い)四代目なんか故池波正太郎御大に「蛆虫」などという本人が聞いたら憤死したくなるようなしこ名付けられたり




コーエーのゲームでは寧ろ城が主役だったり




と、もう切なさ無限大ですが、NHKがついにやってくれました。


北条三代までが大好きな私としては例え早雲公一人でも特集して下さっただけで崇め奉りたい気分です。




で、どんな内容だったかと言うと端的には↓




「伊勢の素浪人とか乱世の雄とか言われてる北条早雲だけど、実は高級官僚出身の名門の出でしかも民政家だったんだよ(やる事はヤるけど)」




どうやら早雲公の出自としては今のところ一番メジャーである備中伊勢氏高越山城城主・伊勢新左衛門盛定の次男盛時説を採っているようです。


とりあえずちょっと囓った北条ヲタレベルならばとりわけドラスティックに目新しい話題はなかったようです。


因みに早雲公が坊主になってからの名前は北条早雲でなく正式には「伊勢宗瑞」または「早雲庵宗瑞」です。


本人は北条姓を1?も名乗っておりません。




して私、この人の息子が好きなので名前だけでも出るか出るかと手ぐすね引いて待ってましたが、全然出る気配ありません。


因みに何週間か前の武田勝頼特集の時は息子の信勝が肖像画だけちょろっと出ました。


信勝公以下ですかそうですか…と思ったら出てきました「家督を息子の氏綱が継いで」と一言だけ。




氏綱キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(ω・`)━(´・ω:;.:... .:. :::;.. .....




それで終わりですか…いや、一言だけでも出ればよかとです。贅沢は言いません。




で、本日一度だけ名前の出てきた嫡男で北条家二代目当主である氏綱公ですが、実はワタクシ、この当主としては申し分なくデキるのに北条家の中でも泣けてくる程目立たないこのお方が戦国者の中で一番大好き♥です。


資料があまり残っていないせいか北条ヲタ以外にはすっぱり忘れ去られがちどころかあんた誰?な氏綱公ですが、




早雲公の遺志と基盤を継いで北条家発展の礎を築いたのはこの氏綱公です。




最初に北条姓を名乗ったのも氏綱公です。




北条家の中でも数少ない大規模合戦に勝利しているのは氏綱公と息子の氏康公だけです。


(寧ろガッツンガッツン戦してるのは初代~三代目前半生くらいまで)




本日の「その時」でも話題になった「禄寿応隠」の虎朱印を最初に使用したのは氏綱公と言われています。


(これについては諸説有り)




更に里見実堯が焼き払った鶴岡八幡宮を再建までしております(この後暫くして死亡)






これだけ功績残してるのに派手な息子やお父ちゃんに挟まれているお陰でぜんっぜん目立ちません。


つうか、徳川秀忠とかもそうだけど2代目って地味で微妙だよね。




地味な北条一門の中で輪をかけて地味だって



武田や上杉と言った派手な大名に囲まれて殊更目立たない北条一門の中でもとりわけ目立たなくったって




その功績の割には派手なお父ちゃんと息子に挟まれて影薄くたって




早雲の息子は氏康ですか?と言われたって




私は早雲でも氏康でもなく氏綱が一番好きです。




さて氏綱萌えを思う存分垂れ流して満足したところで、再来年の大河の主役は北条早雲という噂が一部で流れているのですが本当でしょうか?


教えてNHKのエロイ人。



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。